お知らせ

【重要なお知らせ】2021/5月より、胃カメラの新規予約を中止しています

【【重要なお知らせ】2021/5月より、胃カメラの新規予約を中止しています。】

2021年5月より、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、当院は胃カメラを一時ストップしています。既に胃カメラ予約をお取りいただいている方全員の検査が終わり次第、今回の新型コロナウイルス蔓延(第4波)が収束し次第、再度検査再開といたします。
ご不便、御迷惑をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

【重要】当院は発熱、風邪症状、感染症を疑う急な下痢、嘔吐・嘔気の方の診療は行えません

【重要】当院は発熱、風邪や症状、感染症を疑う方の診療は行っていません

現在北海道・旭川市において、新型コロナウイルス感染が猛威を振るっております。

当院は『内視鏡検査』に特化した病院で『予約制』で診療しています。

発熱(4-5日以内の発熱も含みます)、風邪・インフルエンザや感染症(急な下痢、嘔吐)を疑う方や、急激な症状を訴えて来院された方の迅速な診察は困難です。
患者さんを待合で分離できず、診療する場もないことから対応できかねます。予め予約を取られており、待合で診察を待っている患者さんへの配慮と、内視鏡検査を継続するためですので、ご了承ください。

また胃カメラの電話予約は『新型コロナウイルス』の感染が拡大している状況下につき現在受け付けておりません
 
ご不便、御迷惑をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます

【医療事務 兼 看護助手 常勤、パート募集中】

———————————————————–

【医療事務 兼 看護助手 常勤、パート募集中】

業務拡大 に伴い、上記を若干名ですが募集中です!

ご興味のある方は是非、ご応募いただければ幸いです。

私たちにお力をお貸し下さい。
一緒にやり甲斐を追求し、クリニックで楽しく働きましょう!

 

求む! 看護師・看護助手・医療事務 平成30年春 新規開業予定(求人のページにとびます)

【2021年7,8月の受付時間変更・休診のお知らせ】

———————————————————–

【2021年 7月, 8月の受付時間変更・休診のお知らせ】

7 / 24(土)は 休診です

8 / 13(金)~ 8 / 15 ( 日 ) は 休診です

このほかに急遽決定される臨時の休診も可能性がありますため、予約外で来院される方は来院前に必ずお電話、HPで御確認くださいご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

当院は新型コロナウイルスワクチン接種は行っていません

当院にも新型コロナワクチンについて問いあわせを多くいただくようになっております。当院は新型コロナウイルスワクチン接種は行っていません

2021.3月より、旭川では

『旭川市新型コロナワクチンコールセンター』0166-25-3501 が開設されています
 平日・土日祝日 8:45- 17:15 で対応いただけます。

こちらでは
・ワクチン接種スケジュールの案内
・ワクチン接種医療機関の紹介
・ワクチン接種の予約受付、接種後の対応
についてご対応いただけますため、こちらに旭川市民の方はお問い合わせいただき、他地方自治体在住の方はその所轄の担当部門からの指示でご対応ください。

当院からワクチン接種可能な病院をご案内することは致しかねます(当院も存じ上げておりません)。
ご了承下さい。

 

【2021年5月の受付時間変更・休診のお知らせ】

———————————————————–

【2021年5月の受付時間変更・休診のお知らせ】

5 / 19(水)は 院長不在のため休診です

このほかに急遽決定される臨時の休診も可能性がありますため、予約外で来院される方は来院前に必ずお電話、HPで御確認くださいご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

内視鏡画像診断支援システム CAD EYEを全道に先駆けて導入しました!

2021年2月26日より、当院ではFUJIFILM社の「CAD EYE」を全道第一号として導入しています

「CAD EYE」は、人工知能(AI)であり、大腸カメラの際、ポリープなどの発見をサポートし、かつ、鑑別診断もサポートしてくれる内視鏡診断支援機能です。CAD EYEを使用した際に内視鏡専門医並みの検出および鑑別ができることを目指して開発されており、早速、当院でもポリープの検出に活躍しています。
検査中病変と疑わしい場所が出てきた場合に『照準』が出てくる仕様になっています。

当院は全大腸カメラ検査で人工知能が検査のサポートをしてくれるようになりました。
これにより内視鏡専門医・指導医の院長のポリープ、病変の発見率のさらなる向上が期待され、より質の高い検査を皆さんに提供できるようになると期待されます。

大腸カメラにおいて,1個以上の腺腫が発見される割合〔腺腫発見率(adenoma detection rate:ADR)〕が質の指標として広く提唱されており、男性で25%以上,女性で15%以上が目安であり、適切な検査が行われていると扱われます。適切な検査が行われている病院は将来の大腸がん罹患率を下げることに貢献している、と考えられる訳です。

当院はどうかというと、2021年3月現在、ADRは60%です。
これは100件の大腸カメラを行うと、約60件で大腸ポリープ(腺腫)が当院では見つかっていることになります。
丁寧な検査と、様々な工夫を凝らしこの結果に結びついているものと思われます。

ADRがさらに高くなるように上質な大腸カメラを追求するのが私の『使命』であり、引いてはそれが皆さんの大腸がん罹患率を下げることにつながると考えております。

是非、症状がある方は当院での大腸カメラをご検討ください。

【文献】

1) Rex DK, et al:Am J Gastroenterol. 2006;101(4):873-85.
2) Corley DA, et al:N Engl J Med. 2014;370(14):1298-306.

 

患者満足度を高める便秘診療 座長にて参加いたしました

このたび2021年3月3日、EAファーマ、エムスリー共催の『患者満足度を高める便秘診療』講演の座長を務めさせていただきました。
腹部エコーを主体とした丁寧な便秘診療の実際を拝聴し、大変勉強になるひとときでした。
当院は内視鏡を通し、便秘診療にも力を入れており、近年急速に知見が得られている便秘診療の学びを日々深め診療しています。
今後も地域の皆様に最新の便秘診療、内視鏡診療を提供していきたいと思います。

 

【2021年4月の受付時間変更・休診のお知らせ】

———————————————————–

【2021年4月の受付時間変更・休診のお知らせ】

4 / 20(火)~21(水)は 院長不在のため休診です

このほかに急遽決定される臨時の休診も可能性がありますため、新患・再診問わず予約外で来院される方は来院前に必ずお電話、HPで御確認ください。ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

内視鏡(胃・大腸)を継続しています

当院は旭川市内で指定された「発熱外来」の開設はしておらず、その基準も満たさないため、「発熱」の他、嘔吐・下痢、鼻水、咳などの感染を疑う症状への対応は行っていません。
そのため発熱した人は院内にほぼおりません。

当院はコロナウイルス蔓延下でも極力内視鏡を継続するつもりです。
旭川でもすでに一部施設では診療・内視鏡を見合わせざるをえなくなっておりますことは皆さん周知のことかと思います。

当院は可能な限り感染対策を継続し、内視鏡をつづけ、早く胃・腸の病気を見つけることで早く治療に入れる患者さんが増えることが、新型コロナウイルス感染に対して、当院が医療を担う一員として果たすmissionであると考えております。

また予約制ですので、診察を待ちの方は常に最小限になるよう、皆さんにご協力いただいております。予約を取られていない場合は、予約を取って再診していただく方もおりますが、それ故「密」を避けられる受診システムですので過度の接触を心配する必要はありません。発熱患者さんに対応した医師が、その後に内視鏡を行うこともありません。

そのため内視鏡を御希望の方は安心して検査の相談に来院ください。
発熱した方と一緒に待合に並ぶことはほぼありません

受診のときは、『予約を取ってきている他の患者さんのために』、『新型コロナ感染対策のために』、事前にWebから予約をおとりいただいて来ていただくことを是非ともお願いしています。
直接来院の場合は後日予約をとっていただいているケースが最近は多くなっていますが、これも感染対策の観点からです

当院は胃・大腸カメラを安心して受けて頂けるようにこれからも最善を尽くします。