苦痛の少ない内視鏡検査

苦痛の少ない、痛くない胃カメラ・大腸カメラを実施しています。

 院長がこれまで最も注力してきたのが内視鏡検査です。
「患者さんの苦痛を最小限にする」思いのもと、痛みの少ない内視鏡検査をモットーとしてきました。

 当院では検査に伴う痛み、苦しみを最小限にする工夫を、いままでも、
これからも続けていきます。


経鼻内視鏡(上)、経口内視鏡(下)

鎮静剤・鎮痛剤を用いた内視鏡ができます。

 多くの方の内視鏡検査に対するイメージは、「苦しい」、「つらい」ではないでしょうか。もちろん医師の技術や、内視鏡機種の適切な選択などで、苦痛を最小限にすることが最も重要です。しかし、それだけですべてが解決できているわけではありません。

 これまで勤務してきた病院では、患者さんになるべく楽に検査を受けていただけるよう、希望のある方に積極的に鎮静剤・鎮痛剤を使用し検査を行ってまいりました。

 鎮静剤・鎮痛剤を用いる検査は検査後、生活の制限があるので、それが不都合な場合に次善の策としての『経鼻内視鏡検査』も当院では扱うことができます。

 鎮静剤・鎮痛剤を使用した検査後は安静で休憩するリカバリースペースが必要となるため、苦痛の少ない内視鏡検査を旭川で実現したいという思いで、今回医院内に広いリカバリースペースを設けました。
これにより、ご希望に応じた鎮静剤・鎮痛剤を広く使用できるようになっています。

 ただし、鎮静剤使用後は、検査当日(1日間)はふらつき、判断力低下などの状態が続くことがあります。よって車やバイク、自転車などの運転は一切できませんのでお控えください。同様の理由で高所作業などもできません。検査後はリカバリースペースでの安静と、最低1時間の休憩を要します。また、年齢や、持病によっては鎮静剤の使用をお薦めしない場合がございますため、そちらも相談ください。


内視鏡検査室

内視鏡検査室

炭酸ガスを使用した検査で、検査後の苦痛が減ります。

 胃や大腸は普段は空気が少なく、しぼんだ状態であり、そのままでは内部の様子は確認できません。そのため内視鏡検査中は何らかの気体を内視鏡から注入し、胃や大腸を膨らませた状態で、病変を見逃さないよう隅々まで観察します。しかし、残った空気でにより検査後にお腹が張った感じや、気持ち悪い感じがすることがあります。

 通常、カメラ検査で注入されているのは室内の空気ですが、当院では、炭酸ガス(二酸化炭素)を注入する装置を導入しています。

 炭酸ガスは体内にとても吸収されやすく、吸収後は呼吸により速やかに肺から体外に排出されるという特徴があります。これにより検査中注入した炭酸ガスは速やかに吸収され、なくなりますので、検査後の腹部膨満感が軽減され、検査後の不快感が少ない検査を受けていただくことができます。

 こうした様々な工夫により楽な内視鏡検査を提供し、「また受けても良い」と思われる検査を目指します

1. 胃カメラ ( 上部消化管内視鏡検査)

 朝食を摂っていなければ当日の胃カメラ検査は検査枠が空いていれば可能です。一般に午前中に検査は行いますが、ご都合に合わせ、朝食は摂取し、昼食を抜いた上での午後のカメラ検査も日程によって、可能ですのでお気軽にご相談ください。

1)経鼻内視鏡

 当院では細径内視鏡を用い、鼻からの内視鏡が可能です(経鼻内視鏡)もちろん口からのカメラ、鼻からのカメラ、いずれも可能です。

 最新型の富士フィルム社製の光源(LASEREO 7000システム)と最新型のスコープ(EG-L580NW7, EG-L580RD7, EG-L600ZW7)を導入しておりますが、特に、画質には定評のある細径内視鏡を備えています。これにより、食道、胃、十二指腸の疾患の的確な診断が可能です。

鼻からの内視鏡検査の特徴は

・検査中の吐き気が少ない。
・検査中に画面を見ながら話ができる。
・口からの検査に比べ、体への負担が少ない。
という特徴があり、皆様へ楽な検査を提供することが可能となります。

嘔吐反射が強い方(オエッとなりやすい人)、以前の検査がつらかった方はご相談ください。

※口からの内視鏡検査もデメリットばかりではありません。
・口からの細径カメラ検査の方が検査が楽だとお話される患者さんがいることも事実です。
・鼻の中の道(鼻道といいます)が細い方は痛みがでる場合もあります。
その場合、当院では口からのカメラをおすすめしたり、鎮静剤の使用をすすめることがあります。

2)経口内視鏡

 経鼻内視鏡と比べ、より、画質の点で優位なのが、経口内視鏡です。この場合も苦痛に配慮したカメラ検査を心がけます。
 (鎮静剤・鎮痛剤を用いた内視鏡ができます。を参照ください)

 また、経口内視鏡においては経鼻内視鏡よりもできる処置や検査の種類が多岐にわたります。

 特に強いのは質的検査といい、拡大内視鏡検査です。これは内視鏡の先端についた顕微鏡のようなレンズが病変を拡大して見ることで、診断する方法です。

2.大腸カメラ (下部消化管内視鏡検査)

・前日に腸の中に便がたまりにくい、大腸検査食を食べていただきます。

 これにより、腸の中に便が残りにくくなり、小さな病変も見逃しにくくなる効果が期待されます。
・検査前日の夜に液体の下剤を服用し、お休みいただきます。
・翌日起床後(検査当日)に2リットル程度の洗浄液を服用して、大腸をきれいにした上で、肛門から内視鏡を挿入し、大腸全域の観察を行います。

 これにより大腸を隅々まで観察し、微小な病変まで拾い上げることが可能になります。胃カメラ同様、希望によって鎮静剤・鎮痛剤を併用することも可能です。検査を受けられる患者さんも之により検査の苦痛を減らすことが可能になります。

 大腸ポリープの内視鏡切除は、多くの病院で入院治療となっていますが、当クリニックでは一部のポリープはその場で手術することが可能です。これにより、検査を受けてポリープが発見された場合、日を改めて再度下剤を飲んでから切除するということがなく、一回の検査で完結できる場合があります。

 ただ、ポリープの数が多い場合や、ポリープの大きさが大きい場合は、内視鏡手術後の出血の可能性が高くなるため、その場で切除は行わず、従来通りの短期入院・内視鏡治療をおすすめします。この場合、旭川ペインクリニック病院で治療ができる体制をとっています。

 なお、まれに非常に大腸の長い方などは、奥まで入らず、特殊な長い内視鏡を必要とする場合があります。この場合は無理をせず、連携病院へ紹介させていただきます。

to top
インターネットで
診療予約