医師紹介

院長
濱本 英剛  Hidetaka Hamamoto
【所属学会・資格】2018年4月
日本内科学会 認定内科医、総合内科専門医
日本消化器病学会 専門医
日本消化器内視鏡学会 専門医、指導医、同 北海道支部評議員
日本消化管学会 専門医、指導医
日本カプセル内視鏡学会 認定医
ヘリコバクター・ピロリ学会 専門医
日本がん治療学会 認定医
日本胃癌学会、日本食道学会

ご挨拶

「永山消化器・内視鏡内科」院長の濱本 英剛です。診療にかける思いをここで記しておきたいと思います。.
日本は生涯で2人に1人ががんを患い、3人に1人ががんで命を落とし、胃がん・大腸がんはその上位に位置します。内視鏡などで早期にがんを発見し、治療ができれば命を落とすまでに至らず、また元気に生活できる疾患ですが、未だに進行して発見されるケースが後を絶ちません。私はこれまで早期胃癌をはじめとした早期の消化管癌の発見、治療について尽力してきました。多くの患者さんが内視鏡治療をして、癌を切除したあと、元気になって帰って行くのが、本当に喜ばしかった 一方で「なかなか病院に来れなかったのですか?」と問いかけるシーンも多くありました。癌が進行して見つかってしまった患者さんの返事には「どうやって検診したらいいのかわからなかった」 「市の検診のはがきは来るんだけど、行かなかった」といったお話の他に「以前受けた内視鏡検査がつらかったから(このように症状が出るまで)なかなか来る勇気がでなかった・・・」というものもあり、医師として考えさせられるものがありました。視鏡は全員が楽に受けられる検査ではないのは事実ですが、様々な工夫を凝らすことで苦痛を減らし、検査の時間を短くすることができます。患者さんに楽な検査を受けてもらい、「またうけてもいい」と言われる検査ができるかを考え、実践し続けて参りました。その一貫で鎮静・鎮痛剤を用いた内視鏡検査や、経鼻内視鏡にも取り組みました。これまでの内視鏡医としての経験を元に、経鼻(細径)内視鏡と、鎮静剤・鎮痛剤を使用した、より楽な内視鏡検査を、地元である旭川の地で、皆様に届けたいという思いが私がここで診療している一番の思いです。胃がん・大腸がんで苦しむ患者さんを減らし、あわよくば苦しむ人を ”0” に近づける、これが内視鏡診療を通した当院の目標です。どの疾患も発症の予防をすることが重要であるのは言うまでもありません。近年は機能性胃腸症や過敏性腸症候群と言われる、ストレスの関与する不快な症状をもたらす疾患や、逆流性食道炎と言った胃酸関連の疾患、そして心臓や脳のご病気で処方されるアスピリン製剤や痛み止め、湿布による胃腸障害が増加しています。そして、予防医学の観点からは脂質異常、糖尿病、高尿酸血症、高血圧といった生活習慣病への対策も重要です。
病気になってから治すことも重要ですが、病気にならないように予防することも重要だと思っています。
旭川の地で地域の皆様に親しまれ、信頼されるクリニックになれますよう、今後共精進いたします。

院長  濱本 英剛

診療の方針

内視鏡内科、消化器内科、胃腸内科、内科(生活習慣病)の診療を通して、皆様の健康をサポートいたします。

これまで磨いてきた内視鏡・消化器内科の診療を核とし、内科・生活習慣病の診療を行い、地域の皆様の健康維持のお手伝いをいたします。高度に専門化・細分化された現代医療で、すべての分野の対応は難しいですが、ご希望、ライフスタイルに合わせた対応を心がけ、自院だけでは補い切れないときは適切な医療機関(総合病院や他の医療機関)と連携・紹介いたします。

内視鏡検査のイメージの向上のため、楽な検査を目指します。

鎮静薬・鎮痛薬を用いることや、鼻からの胃カメラができ、苦痛に配慮しています。
院内で大腸カメラの前の準備もでき、初めての検査の方も安心できるでしょう。
また、大腸ポリープがある時は一回の大腸検査で治療まで済むことを目指し、日帰りポリープ切除を積極的に行っています(ただしポリープのサイズ、形態、診断で、手術には制限があります)。

病院受診の手間をなるべく軽くしたいと思います。

webからの診察予約が可能です。また土曜日の内視鏡検査(胃・大腸カメラ)に対応しています。
他、ドックの内視鏡検査も行っております.

略歴

1999年3月 旭川東高等学校卒業
2005年 旭川医科大学卒業、4月から 帯広厚生病院にて初期研修
2007年4月から 仙台厚生病院消化器内科にて後期研修
2010年4月から 同医員
2015年4月から 手稲渓仁会病院消化器内科医長、2017年4月 から同主任医長
2018年4月より 永山消化器・内視鏡内科 開院、院長

世話人・演者

2013年1月から 早期胃癌研究会 読影委員
2015年4月から 札幌拡大内視鏡研究会 世話人
2015~2018年11月  第 7,8,9,10 回北海道ESDライブ術者
(患者さんの協力を頂き、胃癌の内視鏡診断、拡大内視鏡診断の過程をライブでデモンストレートしています。)

2016年ESDライブ術者
2017年ESDライブ術者

2018年ESDライブ術者

 

 

執筆

1) State of the Art 膵全体に広がる上皮内癌を伴う多発の浸潤性膵癌の1例. 肝胆膵画像 2012;14:260-6.
2) 5 胃癌 a.早期癌 ①隆起型0-Ⅰ. 胃と腸アトラスⅠ 上部消化管 第2版, 2014,p198-201,医学書院,東京.
3) 早期胃癌の存在診断のための準備と心構え. 消化器内視鏡 2014;26:1111-20.
4) シアン調血管. 拡大内視鏡 極限に挑む. 2014, p218-9 ,日本メディカルセンター,東京
5) 上部消化管内視鏡診断㊙ノート. 2016,医学書院, 東京 
 :上部内視鏡の初学者〜後期研修医の先生方に向けたテキストです。
現在は韓国語・中国語に翻訳され出版されています。
6) 髄外性胃形質細胞腫の1例. 胃と腸 52(2), 254-264, 2017.
7) 胃型形質の低異型度分化型胃癌の通常内視鏡診断ー拾い上げ診断 胃と腸53(1),28-42,2018
8) 早期胃癌診断の基本 NBI拡大内視鏡診断:組織型診断の観点から 胃と腸53(5): pp.621-634, 2018
:おかげ様で多くの方々に手に取って頂いています。
:院長がtipsを二つ記しています。

論文(筆頭著者のみ)

1) 0-I型から0-IIc型に形態変化を来した早期胃癌の1例:
Gastroenterological Endoscopy(0387-1207)55巻8号 Page2197-2201,2013

2) 分化型早期胃癌のNBI拡大観察におけるシアン調血管の検討:
Gastroenterological Endoscopy(0387-1207)57巻9号 Page2335-2343,2015
to top
インターネットで
診療予約