医師のご紹介

院長 濱本 英剛  Hidetaka Hamamoto
 
【所属学会・資格】2020年4月
日本内科学会 認定内科医、総合内科専門医
日本消化器内視鏡学会 専門医、指導医、同 北海道支部評議員
日本消化器病学会 専門医
日本消化管学会 専門医、指導医
日本カプセル内視鏡学会 認定医
ヘリコバクター・ピロリ学会 専門医
日本胃癌学会、日本食道学会

 

診療の方針

 内視鏡(胃カメラ・大腸カメラ)、消化器内科、胃腸内科 が専門です。皆様の健康をサポートいたします。

これまで磨いてきた内視鏡・消化器内科の診療を核とした診療を行い、地域の皆様の胃がん予防、大腸がん予防をはじめとした各種健康維持のお手伝いをいたします。高度に専門化・細分化された現代医療で、すべての分野の対応は難しいですが、ご希望、ライフスタイルに合わせた対応を心がけ、自院だけでは補い切れないときは適切な医療機関(総合病院や他の医療機関)と連携・紹介いたします。
webからの診察予約を事前に皆様にお願いしています。再診の場合は電話からも予約ダイヤルを設置しており、予約を取りやすく、あわせて医療関係者の負担にも配慮した各種IT機器導入に積極的に取りくんでいきます。また土曜日のカメラ検査(胃・大腸カメラ)にも予約で対応しています。

 内視鏡検査のイメージの向上のため、楽な検査を目指します。

鎮静薬(麻酔)や鎮痛薬をつかったり、鼻からの胃カメラにも積極的に取り組み、検査の際のつらさを減らす工夫を最大限に行い続けています。院内で大腸カメラの前準備もできるのも珍しいと思います。初めての大腸カメラ検査の方もトイレまでの距離も近いことと、何かあってもすぐスタッフに相談できるため、安心できると思います。また、大腸検査でポリープがある時は一回の大腸検査で治療まで済むことを極力目指し、日帰りポリープ切除を積極的に行っています(ただしポリープのサイズ、形態、診断で、手術には制限があります)。

 

ご挨拶

「永山消化器・内視鏡内科」院長の濱本です。
日本は生涯で2人に1人ががんを患い、3人に1人ががんで命を落とし、胃がん・大腸がんはその上位に位置します。内視鏡などで早期にがんを発見し、治療ができれば命を落とすまでに至らず、また元気に生活できる疾患ですが、未だに進行して発見されるケースが後を絶ちません。私はこれまで早期胃癌をはじめとした早期の消化管癌の発見、治療について尽力してきました。多くの患者さんが内視鏡治療をして、癌を切除したあと、元気になって帰って行くのが、本当に喜ばしかった 一方で「なかなか病院に来れなかったのですか?」と問いかけるシーンも多くありました。癌が進行して見つかってしまった患者さんの返事には「どうやって検診したらいいのかわからなかった」 「市の検診のはがきは来るんだけど、行かなかった」といったお話の他に「以前受けた内視鏡検査がつらかったから(このように症状が出るまで)なかなか来る勇気がでなかった・・・」というものもあり、医師として考えさせられるものがありました。内視鏡、カメラ検査は全員が楽に受けられるわけでないのは知っていますが、様々な工夫を凝らせばつらさを減らし、検査時間をなるべく短くしていけます。楽に終わらないと「いやだけど、またこれならうけてもいいかな」と思えないと思います。いかにして楽にカメラ検査が受けられるかを考え、それが胃がん・大腸がん撲滅につながることを信じて実践し続けて参りました。その一貫で鎮静・鎮痛剤を用いた検査や、経鼻内視鏡にも積極的に取り組みました。これまでの内視鏡医としての経験を元に、経鼻(細径)内視鏡と、鎮静剤・鎮痛剤を使用した、より楽なカメラを、地元である旭川の地で、皆様に届けたいと思っています。胃がん・大腸がんで苦しむ患者さんを減らし、あわよくば苦しむ人を ”0” に近づける、これが内視鏡を通した当院の旭川におけるmissionであり、目標です。
道北をはじめとした北海道全域地域において、カメラが不安だったり、苦手な方へ極力つらくない内視鏡をお届けすることが、旭川の当クリニックにとって求められていることだと感じます。
引続き、旭川の地で内視鏡を通し、市民の皆さんの健康管理のお手伝いができ、カメラと言えば永山消化器・内視鏡内科というようなクリニックになれますよう、精進いたします。

院長  濱本 英剛

略歴

1999年3月 旭川東高等学校卒業
2005年  旭川医科大学卒業、4月から 帯広厚生病院にて初期研修
2007年4月 仙台厚生病院消化器内科にて後期研修
2010年4月 同医員
2015年4月 手稲渓仁会病院消化器内科医長、2017年4月 から同主任医長
2018年4月 永山消化器・内視鏡内科 開院、院長

研究会世話人,活動など

2013年1月から 早期胃癌研究会 読影委員
2015年4月から 札幌拡大内視鏡研究会 世話人
2015~2018年11月  第 7,8,9,10 回北海道ESDライブ術者
(患者さんの協力を頂き、胃癌の内視鏡診断、拡大内視鏡診断の過程をライブでデモンストレートしています。)

2016年ESDライブ術者
2017年ESDライブ術者

 

2018年ESDライブ術者

 

2021年10月 札幌 胃と腸を診る会 読影アドバイザー として参加、コメント

(道内各地の消化器内科専門家の先生方と学ばせていただいています)

講演など

2017. 7.08 山口県 講演
2018. 1.24 帯広 講演
2018. 1.27 札幌 講演
 2018. 5.23 士別 講演
2018. 8.11 青森県 講演
2018.11.20 旭川 講演
2019. 3.16 静岡県 早期胃癌の内視鏡診断 -通常・超音波・拡大内視鏡-  Shizu-FES  ホテルセンチュリー静岡 4階「フリージア」
2019.11.22 大阪府 講演
2020. 9.19 札幌 講演

2021.10.14 旭川『上部消化管(胃)の診断と治療』 消化器領域TopicsWebSeminar にて講演
2021.10.29 岩手県『クリニックでの便秘診療とCOVID-19対策』リンゼスWEBセミナー にて講演

執筆

1) State of the Art 膵全体に広がる上皮内癌を伴う多発の浸潤性膵癌の1例. 肝胆膵画像 2012;14:260-6.
2) 5 胃癌 a.早期癌 ①隆起型0-Ⅰ. 胃と腸アトラスⅠ 上部消化管 第2版, 2014,p198-201,医学書院,東京.
3) 早期胃癌の存在診断のための準備と心構え. 消化器内視鏡 2014;26:1111-20.
4) シアン調血管. 拡大内視鏡 極限に挑む. 2014, p218-9 ,日本メディカルセンター,東京
5) 上部消化管内視鏡診断㊙ノート. 2016,医学書院, 東京 
 :上部内視鏡の初学者〜後期研修医の先生方に向けたテキストです。
現在は韓国語・中国語に翻訳され出版されています。
6) 髄外性胃形質細胞腫の1例. 胃と腸 52(2), 254-264, 2017.
7) 胃型形質の低異型度分化型胃癌の通常内視鏡診断ー拾い上げ診断 胃と腸53(1),28-42,2018
8) 早期胃癌診断の基本 NBI拡大内視鏡診断:組織型診断の観点から 胃と腸53(5): pp.621-634, 2018
:おかげ様で多くの方々に手に取って頂いています。
:院長がtipsを二つ記しています。
11)  胃と腸 消化管診断・治療手技のすべて 2021  胃 拡大内視鏡(癌の組織型診断) 胃と腸56(5): pp.616-618, 2021
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
:拡大内視鏡でわかる胃癌の特徴診断についてまとめています
 
 
 
 
 
 
 
 
 
:胃の病変を1例、提示・解説をしています

論文

1) 0-I型から0-IIc型に形態変化を来した早期胃癌の1例:
Gastroenterological Endoscopy(0387-1207)55巻8号 Page2197-2201,2013

2) 分化型早期胃癌のNBI拡大観察におけるシアン調血管の検討:
Gastroenterological Endoscopy(0387-1207)57巻9号 Page2335-2343,2015
3) Evaluation of an E-Learning System for Diagnosis of Gastric Lesions Using Magnifying Narrow-Band Imaging: A Multicenter Randomized Controlled Study

Hiroyoshi Nakanishi1Hisashi Doyama1Hideki Ishikawa2Noriya Uedo3Takuji Gotoda4Mototsugu Kato5Shigeaki Nagao6Yasuaki Nagami7Hiroyuki Aoyagi8Atsushi Imagawa9Junichi Kodaira10Shinya Mitsui11Nozomu Kobayashi12Manabu Muto13Hajime Takatori14Takashi Abe15Masahiko Tsujii16Jiro Watari17Shuhei Ishiyama18Ichiro Oda19Hiroyuki Ono20Kazuhiro Kaneko21Chizu Yokoi22Tetsuya Ueo23Kunihisa Uchita24Kenshi Matsumoto25Takashi Kanesaka26Yoshinori Morita27Shinichi Katsuki28Jun Nishikawa29Katsuhisa Inamura30Tetsu Kinjo31Katsumi Yamamoto32Daisuke Yoshimura33Hiroshi Araki34Hiroshi Kashida35Ayumu Hosokawa36Hirohito Mori37Haruhiro Yamashita38Osamu Motohashi39Kazuhiko Kobayashi40Michiaki Hirayama41Hiroyuki Kobayashi42Masaki Endo43Hiroo Yamano44Kazunari Murakami45Tomoyuki Koike46Kingo Hirasawa47Youichi Miyaoka48Hidetaka Hamamoto49Takuto Hikichi50Norihiro Hanabata51Ryo Shimoda52Shinichiro Hori53Tadashi Sato54Shinya Kodashima55Hiroyuki Okada56Tomohiko Mannami57Shojiro Yamamoto58Yasumasa Niwa59Kazuo Yashima60Satoshi Tanabe61Hiro Satoh62Fumisato Sasaki63Tetsuro Yamazato64Yoshiou Ikeda65Hogara Nishisaki66Masahiro Nakagawa67Akio Matsuda68Fumio Tamura69Hitoshi Nishiyama70Keiko Arita71Keisuke Kawasaki72Kazushige Hoppo73Masashi Oka74Shinichi Ishihara75Michita Mukasa76Hiroaki Minamino77Kenshi Yao78  Endoscopy 2017 Oct;49(10):957-967. doi: 10.1055/s-0043-111888. Epub 2017 Jun 21.
4) Multiloop as a Novel Traction Method in Accelerating Colorectal Endoscopic Submucosal Dissection

Yuichiro SuzukiTokuma TanumaMasanori NojimaGota SudoMasakazu AkahonaiHidetaka HamamotoHironori AokiTaku HaradaAkio KatanumaHiroshi Nakase.  Gastrointest Endosc. 2020 :185-190.
to top
インターネットで
診療予約