食道がん

” 病気・診療について “に戻る

胃バリウム検査などでもなかなか発見が難しいのが『食道がん』です。頻度は胃がんほど高くはないですが、進行が胃がんに比べて早いのが特徴です。
また、食道がんは『飲酒』『喫煙』『熱いものや辛いものなどの刺激物』を好む方に出現する頻度が高く、特に『飲酒したら顔が真っ赤になりやすい人(これを”フラッシャー”と言います。)』にできやすいのが特徴です。初めて飲酒したときに真っ赤になったけどお酒を飲み続けていたら赤くならなくなった、という方もこの病気になりやすい方です。

症状

  • ものが飲み込みにくい、吐いてしまう
  • 飲み込んだ後、しみる感じや痛みがある

などの症状が出てきます。

診断

  • 上部内視鏡検査(胃カメラ)
  • 腹部超音波検査
  • 胸部X線
  • 心電図検査

を行い、他の疾患を除外しながら、食道を直接観察してくるのが最も診断に近い方法です。

治療方法

進行した食道癌がある場合は、外科手術や放射線化学療法などの適応になります。総合病院に紹介いたします。

早期の食道癌がある場合は内視鏡手術が可能な場合もございます。しかし、術前にきちんとした病状の把握が必須になりますため、内視鏡手術が可能な総合病院をご案内・紹介するようになります。

” 病気・診療について “に戻る

to top
インターネットで
診療予約