逆流性食道炎

” 病気・診療について “に戻る

最近、食生活の欧米化に伴い増加している病気が”逆流性食道炎”です。この疾患はNERDとGERDの2種類に分けられます。

逆流性食道炎 (GERD)

強酸の胃の内容物が食道側に逆流して, 食道の粘膜にびらん(潰瘍の前段階の粘膜の障害)や潰瘍ができます。胸やけを初めとした、多彩な症状が起こります。

非びらん性胃食道逆流症(NERD)

強酸の胃の内容物が食道側に逆流することで, 胸やけ,胃もたれ, つかえ感などの多彩な不快な症状が起きます。しかし, 食道側にはびらんや潰瘍はありません。

症状

  • みぞおちが痛い・違和感がある
  • のどが違和感がある
  • 胃もたれする
  • 頻繁にげっぷがでる
  • おなかが張る
  • 朝起きると口の中が苦い
  • (食事・飲水すると少し楽になるけど、またつらくなる)

こうした症状は胃の中にある胃酸が食道に逆流している、逆流性食道炎の可能性がございます。しかしながら食道がんや、他にも好酸球性食道炎や食道アカラシアなどの疾患でも同様の症状になることがあるため、症状からだけで診断することは難しい場合が多いです。

診断

診断には『上部消化管内視鏡(胃カメラ)』が有用です。また、他疾患でないことを確定する意味で ” 腹部エコー “や ” 採血 ” 、” 腹部X線 “ などの検査をおすすめする場合があります。胃カメラ時にも組織検査を行う場合があります。

また、”いきなり胃カメラはちょっと・・・”という患者さんもおられると思います。その場合は病気の診断を兼ねて、最初に薬で治療することもできます。制酸剤を用いますが、それでも症状の改善が十分でない場合、改善が見られない場合に、内視鏡検査をお薦めするという流れになります。

患者さんの希望に応じた診療を行っていきます。

治療方法

生活習慣(食事内容、食事時間など)に注意することで多くの症状は軽快します。症状が強い場合は服薬治療を最初に開始することもあります。薬物治療を先行するか、生活指導で対応するかは症状の程度に合わせてご相談いたします。
食事内容では、カフェインを多く含むものの摂取過多が原因のことが多いです。
また、内服薬を継続することでのデメリットもありますので、生活習慣の改善が重要な病気でもあります。

 

” 病気・診療について “に戻る

to top
インターネットで
診療予約