機能性ディスペプシア、機能性胃腸症

” 病気・診療について “に戻る

ディスペプシアとは『消化不良』という意味です。機能性ディスペプシア(FD :functional- dyspepsia)は、胃の痛み、食後の胃もたれなど、症状が続いているにもかかわらず、内視鏡検査、腹部エコーなどで胃潰瘍・十二指腸潰瘍や胃がんなどのような異常がみつからない病気です。決して珍しい疾患ではなく、日本人の4人に1人は機能性ディスペプシアを持っているという調査結果もあり、決して珍しい病気ではなく、誰もがかかる可能性のある病気です。

そして、生命にかかわる病気ではありませんが、つらい症状により、患者さんの生活の質を大きく低下させます。病院で検査してもはっきりとした異常が出ないことから、病気であることに気づかれず、言われることもなく放置されていることも少なくありません。

機能性ディスペプシアは、これまで「慢性胃炎」や「神経性胃炎」と診断されていましたが、本来「胃炎」とは、胃カメラで胃の粘膜に炎症が起きている状態を確認して診断します。そして ” 胃炎 ” があっても症状があるとは限らず、逆に症状があっても内視鏡で胃炎が認められないことも多々経験されていました。そこで、『症状があるのに、内視鏡やエコーなどで異常がない場合に、「機能性ディスペプシア」と呼ばれるようになりました。

症状

主な症状は

  • つらいと感じる食後のもたれ感
  • 食事開始後すぐに食べ物で胃が一杯になるように感じて、それ以上食べられなくなる感じ(早期飽満感)
  • みぞおちの痛み(心窩部痛;しんかぶつう)
  • みぞおちの焼ける感じ(心窩部灼熱感;しんかぶしゃくねつかん)

です。 参考:アステラス製薬、消化器の病気、機能性ディスペプシア(FD)2.症状 胃の不調は 気のせいではなく、機能性ディスペプシアかも知れません。
心当たりがある場合には、まずはご相談ください。

診断

  • 胃癌
  • 胃・十二指腸潰瘍

などの症状を起こしている病気がないことを確認することが必須となります。そのために、胃カメラで、口や鼻からカメラのついた細い管を胃に入れ、胃の中の病変の有無を調べたり、腹部エコーで胃などの画像を映しだし、お腹の中の内臓の状態を調べ、異常がないことを確認したり、採血で身体に炎症が起きていないかなどをチェックすることが必要となります。

治療方法

適切な生活の改善、食事内容の見直しと内服薬の治療で、食事を楽しみ味わいながら快適な日常生活を送れるようになることを目指します。

胃酸過多が併存し、症状に関わっていることが大半であるため、酸分泌抑制剤の投与で改善することが多いですが、それでも改善が悪い場合に、

  • 消化管運動機能改善薬
  • 胃粘膜保護薬
  • 漢方薬
  • 抗うつ薬・抗不安薬

などを併用、上乗せしていく場合があります。

最近は胃腸の運動を調整する薬にも新薬が出現しており、生活指導と合わせるとより改善効果が見込めます。

” 病気・診療について “に戻る

to top
インターネットで
診療予約