大腸ポリープ

” 病気・診療について “に戻る

症状

  • 便に血が混じる
  • 便潜血検査(市の健診)で血液が混じり、要精査となった方
  • 腹痛
  • 下痢
  • 便秘

など、そのポリープの大きさによって多彩な症状が出現します。

特に大人になってから突然便秘がちになった、血便がでる、などの場合は大腸ポリープや大腸癌などがあることがあります。

診断

腹部のX線写真など初診時には参考にすることがあります。

小型のポリープなどについては腹部の触診、腹部エコーなどだけで診断することは極めて難しく、大腸内視鏡検査が今もポリープを見つけるためには最も有効な検査方法です。

ポリープにも経過を見て、癌化する可能性があるポリープ(大腸腺腫)とそうでないポリープがあり、すべてのポリープが治療を要する訳ではありません。治療の要否については、当院では病変を見つけ、観察した時点で『狭帯域光拡大内視鏡観察』や『色素内視鏡併用拡大内視鏡観察』を適宜実施し、内視鏡治療が必要なポリープのみを切除治療することとしています。

治療方法

大きさの上限や形での制限はありますが、当院ではその場で大腸ポリープを切除するColdsnare polypectomy(コールドスネアポリペクトミー)にて積極的に治療しております。この方法は治療後の後出血が従来の内視鏡的大腸粘膜切除術:EMRやポリペクトミーといった方法と比べ、起こりにくいことが知られています。

しかしながら、治療後は日常生活にはいくつかの制限が必要となります。
詳しくは内視鏡検査の前におたずね下されば幸いです。

また、大きさや、部位などによって従来のEMRやポリペクトミー、または内視鏡的大腸粘膜下層剥離術:ESDなどの治療を行います。
当院の関連病院である旭川ペインクリニック病院での手術や、市内の総合病院での入院治療などをお勧めいたします。

” 病気・診療について “に戻る

to top
インターネットで
診療予約