ヘリコバクター・ピロリ胃炎、萎縮性胃炎(慢性胃炎)

” 病気・診療について “に戻る

症状

自覚症状はほとんどないことが多いです。
我々が内視鏡してこの疾患を疑う場合は

  • バリウム検査などの検診、採血の結果で感染を疑った場合
  • 他の自覚症状があって内視鏡検査を行った場合に診断される場合

がほとんどを占めます。逆に内視鏡を何らかの機会で受けないと診断することはかなり難しいと言えます。
また、内視鏡検査を受けてからでないと、除菌治療することはできません。

ピロリ菌が感染しているときの胃の粘膜の変化(萎縮性胃炎)

これは”胃がんが胃にないことを確認の上、除菌治療すべき”と考えられているからです。

診断

内視鏡で胃内を見てくることで、まずはピロリ菌が胃に感染していそうかどうか、判断してきます。

その上で、ピロリ菌が感染している可能性がある場合は感染の有無を診断する検査を受けて頂くことをお薦めいたします。当院では主に呼気検査と便中ピロリ抗原検査を採用しておりますが、個々の内服薬の内容や、持病に応じて感染の確認方法、治療の方法なども異なりますので、医師にこれらの情報は正確にお伝え頂けると幸いです。

 

治療方法

ピロリ菌が感染していることが確認できた場合は、除菌治療を受けられることをお薦めします。
内服薬を1週間、服用していただきますが、飲み忘れなどが除菌成功率を下げますので、大切な治療の機会だと思ってきちんと内服して下さい。なお、喫煙も除菌成功率を下げてしまいます。

また、持病との兼ね合いで除菌治療に工夫が必要となる場合がございます。心電図異常や、腎臓の機能異常などがないことを確認の上、治療が必要となります。

” 病気・診療について “に戻る

to top
インターネットで
診療予約