診療と病気に関するご案内

どういう症状・病気を診察できますか? 

消化器内科・内視鏡内科・胃腸内科が専門です。胃もたれや胸焼け、便秘や下痢といった一般的な症状はもちろん、潰瘍性大腸炎などの難病の軽症例の初期対応は診療できます。なお、当院は病院名のごとく、内視鏡内科として、胃・大腸カメラが診療のメインです。内視鏡を通して皆さんの健康管理にご協力させていただきたいと思っています。
ほかに糖尿病、高血圧、高脂血症、高尿酸血症といった生活習慣病も、軽症例の初期対応は可能です。受診予約のうえ、総合内科専門医である院長にどうぞお気軽にご相談ください。
高度に専門化・細分化された現代医療で、医師1人ですべての疾患へ対応することは困難ですが患者さんのご希望、ライフスタイルに合わせた対応を心がけたいと思っています。

重症度によってはより専門性の高い病院や、総合病院への受診をおすすめし、紹介することも可能です。他の医療機関と密な連携をとり、自院だけで補い切れないことも、適切な医療機関へ責任を持ってご案内、ご紹介していくことを心がけています。

なお、現在『これって診察できますか?』という問い合わせを多数お電話でいただいておりますが、現在すでに受診相談の対応ができる人員がおりませんため、当院は電話での受診相談はいたしかねます。症状に不安がある場合はAI受診相談ユビー(リンク先にとびます、無料、登録不要)などをご利用いただき、適切な病院をご案内いただくとよいでしょう。かかりつけ、通院先がある場合はそちらでご相談してください。かかりつけがないときは疑わしい症状をみれそうな多くの科が併設している大きな病院でご相談されてください。

AI受診相談ユビー

なお、急激に始まったお腹の痛みや、下痢や、吐き気、出血といった強い症状は、どういった症状であれ予約制の診療をしている当院では迅速な診療はできかねます。救急対応可能な病院へ受診していただきます。当院へ直接来院なさるのはお控えください。

診察できる症状

 胃の調子が悪い、もたれる
 便の調子が悪い、便が硬い、細い
 胸やけがする
 お腹が張る、おならがたまる
 吐き気がある
 便に血が混じる
 便の潜血反応が陽性だった
 健診で「肝機能が悪い」と言われた
 バリウム検診で異常と言われた
 ピロリ菌が心配、ピロリ菌がいると言われた
 大腸ポリープを以前治療した事がある
 胆石を指摘された
 胆のうにポリープがある
 脂肪肝を指摘された
 血圧・コレステロール値が高い・血糖が高い・尿酸値が高い(生活習慣病)

診療可能な病気とその症状の一覧

消化器内科・胃腸内科

 食道逆流性食道炎(胸やけ)、食道がん(つかえ感)
 胃炎(胃痛、みぞおちの痛みやむかつき、食欲不振など)、ピロリ菌の胃炎(胃がんの原因になります)、胃潰瘍(胃痛、吐き気など)、胃がん(食欲不振、胃痛、嘔吐など)、機能性胃腸症(胃もたれ、腹のはり、腹痛など)があります。
 大腸大腸ポリープ(小さなものは日帰りで切除しています。)、大腸がん(腹部膨満感、貧血、血便など)、急性腸炎(腹痛、下痢、発熱など)、過敏性腸症候群(腹痛、下痢、便秘など)、便秘症(腹の張りなど)などの診療も可能です。
 肝臓:肝炎、肝硬変、肝癌、脂肪肝 
 胆嚢:胆石、胆のう癌、急性胆嚢炎
 膵臓:膵炎、膵癌 などの診断、初期治療、紹介治療をしています。

 

内科(初期対応・軽症のみ)

 糖尿病  (インスリン注射は除き、内服治療のみ)
 高血圧症 (本態性)
 高コレステロール血症、脂質異常症(高コレステロール(LDL)、中性脂肪(TG) が高い)
 高尿酸血症・痛風  などの 生活習慣病 を診療しています。

 2020年の『新型コロナウイルス』の蔓延以来、隔離室がないため、かぜ・感冒、発熱、鼻汁、咳、痰、インフルエンザ、下痢・嘔吐など感染疑いの診療は行っていません。
『喉が痛いけどそれはメインじゃなく今日はお腹がいたいです』といった場合も対応はできません。

to top
インターネットで
診療予約