ご案内と、よくある質問

苦痛の少ない 胃カメラ・大腸カメラ 検査を提供します。経鼻内視鏡や鎮静剤・鎮痛剤を用いた内視鏡が可能です. レントゲン検査や、採血、腹部エコーで, 消化器内科・胃腸内科領域の迅速な診断・治療を心がけております。あわせて生活習慣病などの一般的な内科診療も行っており、疾病の予防も大切にしています

〒079-8413 北海道旭川市永山3条4丁目3-1 六然館2階
永山消化器・内視鏡内科(診療科:消化器・内視鏡内科、胃腸科、内科)
TEL :0166-47-7140
 FAX :0166-47-7145
Googleマップ で病院の地図を見る
病院なび ” 永山消化器・内視鏡内科 “
Calooで”永山消化器・内視鏡内科”の口コミを見る。

お願い

  1. お薬手帳をお持ちの方は、受診時に必ずお持ち頂き受付でご提示下さい
     医師が病状を理解しやすくなります。迅速な治療につながる大きな手助けになります。是非お持ちください。
  2. 健診を受け、要精査となり受診されるときは健診結果の用紙をお持ちいただき、予め受付でご提示下さい
     診察開始前に受付に提示いただくことで、診察前に十分眼を通し診察しますので、丁寧に診察できます。

  3. お電話でのお問い合わせは ” 平日4時から5時の間 ” でお願いいたします 
    他の患者さんのお電話対応中の場合, 折り返しさせていただく場合がございます。ただし、病状については診察を省いて電話でお答えすることは困難です。原則受診をお勧めいたしており
    ます. 下記「よくあるご質問」もご参照ください

  4. 金曜の午後は院長が不在な日がございます(関連病院への出張・手術を行っています)
     また、金曜、土曜は2つの診察室で並行して診察する体制をとっており、
    旭川医科大学 内科学講座 消化器・血液腫瘍制御内科学分野からの出張医師が診療を致します。特に金曜午後は院長の診察を希望される場合は予めお問い合わせ下さい。

受付時間

月・火・木・金の11:30〜14:00は主に内視鏡検査・手術を行っております。診察受付はお受けしておりませんので、午後の診療開始までお待ち下さい。休診は 日曜・祝日、お盆、年末年始 ですが、臨時休診がございます。ご来院前に必ず 『お知らせ』 からご確認いただくか, お電話でお問い合わせください.
また, 金曜の午後は関連病院への出張・内視鏡手術を行っており、院長が不在な日がございます。旭川医科大学消化器内科からの出張医師が代診しておりますため, 通常の診療はしておりますが, 院長の診察を希望される方は, 来院前に予めお問い合わせ下さい

 

診療の方針

・内視鏡内科、消化器内科、一般内科(生活習慣病)の診療を通して、皆様の健康をサポートいたします。

高度に専門化・細分化された現代医療で、すべての分野の内科の対応はできないかもしれませんが、それぞれの患者さんのご希望、ライフスタイルに合わせた対応を心がけたいと思っています。市内の総合病院や、永山地区の他の医療機関と密な連携をとり、自院だけで補い切れないことも、適切な医療機関へご案内、ご紹介することを心がけます。

・内視鏡検査のイメージの向上のため、楽な検査を目指します。

鎮静薬・鎮痛薬を用いて内視鏡検査の苦痛の緩和に取り組んでおります。経鼻内視鏡(鼻からの胃カメラ)にも対応します。また、病院内で大腸カメラの準備が可能です。ゆったりと大腸検査の準備ができます。さらにお身体の負担を考えて、大腸ポリープを発見した際は、同時の切除にも積極的に取り組んでいます(ただしサイズ、形態、診断で制限はあります)。また胃・大腸とも拡大機能付き内視鏡での検査に対応し, 迅速な診断を心がけています。

・病院受診の手間をなるべく軽くしたいと思います。

web上からの通常の診察の予約が可能です。
また土曜日の内視鏡検査(胃カメラ)にも対応しています。他、ドックの内視鏡検査も行っております.

よくあるお問い合わせ

Q1.診察は予約制ですか? 直接受診してもみてくれますか?
Q2.受診当日に胃カメラは受けられますか?

Q3.かぜで受診していいですか? カメラ以外も診察してくれますか?

Q.鎮静剤・鎮痛剤を用いた内視鏡(麻酔下のカメラ)を使う時の注意はなんですか?

Q1. 診察は予約制ですか? 直接受診してもみてくれますか?

A. 直接来院いただいた場合も順番待ちでもちろん診察しています。

  診察順番待ちでの対応はもちろんしていますが、予約を取られている方の診察が優先になります。そのため受付の順番と、診察に入る順番は前後いたしますのでご了承ください。直接来院されて診察を希望される場合はお時間に余裕を持ってお越し頂ければ幸いです。インターネットからの時間予約診察に対応しています (空いている枠で予約可能です)ので、ご利用ください。

ご予約はこちらから! インターネット予約受付(お電話の診察予約はお受けしていません。)

ただし非常に強いお腹の痛みや、血を大量に吐いている・黒い便がでてふらふらする、大量に真っ赤な血がお尻から出ている、などは緊急で治療を要し、多くの場合、入院や緊急の対応が必要となります。当院は緊急対応はできませんため、強い症状がある場合はお近くの救急の病院を受診して下さい。

Q2. 受診当日に胃カメラは受けられますか? 胃カメラは予約しないと受けられませんか?

A. 胃カメラは事前の電話予約がお勧めです。直接来院いただいた場合は予約に空きがあれば可能なこともあります。

胃カメラは原則予約制です.

当院は胃カメラ・大腸カメラ検査を専門としており、じっくり十分な時間をかけて検査、診断を行い、その説明も時間を十分取り、納得・満足していただけるように心がけています。胃カメラ予約は、16:00-17:00の間にTEL:0166-47-7140まで『胃カメラの予約希望』とご連絡ください。ただし、持病の状態によっては一度医師の診察が必要な場合がございますのでご了承ください。
持病の状態や内服薬がきちんと確認できた場合に限って、予約を承っています。この時間帯以外は診療で混雑しており、16:00-17:00に折り返しお電話で対応とさせて頂く場合がございますので、ご了承ください。
予約の空きによって、直接来られて当日にカメラができることもありますが稀です。予め胃カメラ予約を取られている患者さんを優先するために、当日胃カメラを強く希望された場合は、長めの待ち時間が発生してしまったり、一度帰宅頂き、再度ご足労頂いています。予め予約を取られることをお勧めいたします。検査を受けた方が良いかわからない方は、受診の上、院長にお気軽にご相談ください。
なお、『健診胃カメラを受けたい』方は、胃カメラドック(自費診療となります)も当院では行っております。お気軽にご相談ください。

Q3. かぜで受診していいですか? カメラ以外も診察してくれますか?

A. ぜひお気軽に受診ください!内科の診察もしています。

当院は内視鏡専門病院ですが、あわせて” 総合内科専門医 “資格をもつ院長が、内科全般の診察も行っています。かぜや、高血圧/高脂血症/糖尿病/ 高尿酸血症など生活習慣病を初めとした、一般内科の診療は可能です。他の病気についてもその重症度、程度や、普段の通院先の病院からの紹介状などがあれば状態が把握しやすく、院長が診察・処方できる病気はより広がります。お気軽にご相談ください。

専門領域の症状においては便秘や下痢、胸やけ、胃もたれなどの相談が得意です。『お薬をもらってもなかなか良くならない』胃もたれや下痢などで診察・相談に来られる方も多くおられます。お薬手帳を持参されることをお勧めします。また、『咳が続く、眠れない』→逆流性食道炎による酸逆流だった方や、『血糖値が急に悪化した』→膵臓の腫瘍が見つかった方、『胸が痛く肋間神経痛や過敏性腸症候群の疑いとされ、痛みが持続していると判断されていた』→内視鏡をすると大腸がんがあった方など、一見消化器に関連ない病気に見えても、その根本に病気が隠れていることがありますので、診察を受けることは大切です。
現代の医療では1病院、1人の医師がすべての領域を適切に診察するのは難しいのが事実ですが、その症状を楽にするために受診すべき病院や診療科を御案内することも重要と思いますので、院長の専門外の疾患も丁寧にご相談に乗り、今後どうしたほうが良いかアドバイスするように心がけています。

Q. 小児科(15歳以下)は診察はしてもらえますか? 中学生でお腹が痛いのですが、胃カメラはできますか?

A. 小児科(15歳以下)の診察・検査はしていません。

当院は小児の診察は行っておらず、高校生以上を診察しております。小児の方には近隣小児科をご案内しております。カメラ検査などは特に注意を払って行う必要がありますが、そもそもカメラが必要か小児科医師と協議・連携した上で『医師が多い病院、小児科がある・標榜している病院』でのカメラ検査を、行うのが望ましい、と院長は考えており、これまでの勤務病院でも多くの医師と連携し、カメラ検査を担当してきました。逆に一人でカメラ検査は難しいと考えています。『腹痛』は、胃カメラで見たら原因がすべてわかる、訳ではありません。15歳未満、中学生までの腹痛などの診察や胃・大腸カメラは小児科と消化器内科をともに標榜している総合病院や、クリニックでご相談ください。

Q. 胃カメラや大腸カメラと, 内視鏡って何が違いますか?

A. カメラ = 内視鏡 です。

胃カメラと一般に呼ばれているものは胃内視鏡、上部内視鏡 (wikipediaにリンク) と同じ意味です。おなじく、大腸カメラと一般に呼ばれているものは大腸内視鏡、下部内視鏡 (wikipedia(大腸内視鏡)にリンク) と同じ意味です。

Q. 大腸カメラはその日にできますか? 準備はどうしていますか?

A. 大腸カメラ(全大腸観察)は当日は難しいです。

隅々まで観察し、小さなポリープを見つけるには便をすべて出す ” 検査の前処置 ” が必要です。そのため、検査前に一度来院いただき、診察、検査薬処方などの説明をする必要があります。そのため、来院当日にカメラする場合は、血便などの緊急に限り、腸の20-30cmほどのごく一部を診てくるだけに限ります。

 【大腸カメラ前の診察の内容】

  1. 診察 :最短で1時間程度かかります。腹部X線で、腸管の流れが悪く、便が詰まっていないか(腸閉塞がないか)を確認します。さらに不整脈などがないか、心電図評価や、採血などが必要になります。
  2. 検査の前処置の説明 :腸の中にある便を出す薬や、検査前の検査食、検査セットを購入いただき、前日から準備をしてきていただきます。その説明を看護師から行います。
  3. 検査日の決定 (ここまで済んでいれば後日お電話頂き、決定することも可能です)

なお、当院は『自覚症状はないけど(健診として)大腸カメラ検査を受けたい』という方に、大腸カメラのドック(自費診療となります)も行っております。お気軽にご相談ください。

Q. 鎮静剤・鎮痛剤を用いた内視鏡(麻酔下のカメラ)とは何ですか?

A.
点滴の柔らかい針を血管に入れ、そこから注射で鎮静剤・鎮痛剤を投与し、カメラをします。鎮静剤・鎮痛剤を投与することで、検査の苦痛や不快感が軽くなることを目的としていますので、前回の検査がつらかった患者さんは希望されることをお勧めします。他にも緊張や不安が強い場合、お腹の手術歴がある方など、苦痛を伴うことが予想される場合にも鎮静剤・鎮痛剤の使用をお勧めします。
『ぼーっとして、お話ししている内容がわかるが、つらくはない』という状態で検査を受けるのが望ましいですが、なお、お薬の効果には個人差がありますので、眠ってしまう方もおられます。

 

Q. 鎮静剤・鎮痛剤を用いた内視鏡(麻酔下のカメラ)を使う時の注意はなんですか?

 

A. いくつかあります。送り迎えが必要です。運転は検査後、翌日朝までできません。
鎮静内視鏡検査を受けたあとは、

・検査当日1日(検査後15時間ほど)は お車やバイク、自転車の運転はできません。

お一人での帰宅などは控えて頂いており、送迎の手配をお願いします。
帰宅後も出歩いたり、注意力を要する作業、高いところに登るなどの危険を伴う仕事はお控え下さい。
タクシー/公共交通機関のご利用と、送迎の手配などお願いいたします。

検査後は、専用の回復室で1時間程度お休みいただき、目が覚めて落ち着いたのちに、検査結果をお聞きいただいてからお帰りいただいております。安全上の観点からお車の運転を控えていただいております。検査後は1日注意力や判断力が低下してしまうことがありますので、お一人での道路を歩いて帰宅などは控えて頂いており、帰宅後も出歩いたり、注意力を要する作業、高いところに登るなどの危険を伴う仕事はお控え頂いています。タクシー/公共交通機関のご利用と、送迎の手配などお願いいたします。また、お車を運転しての来院はご遠慮下さい。(運転できません)

また、身体の状態が良好であることが安全のために必須です。持病や、内服薬によって使用できないことがあります。鎮静剤・鎮痛剤を用いた内視鏡検査を希望される方は、事前診察で可能かどうか判断させて頂きます。

Q. 生理中、授乳中、妊娠中なのですが内視鏡は受けられますか?

A. 妊娠中・妊娠の可能性がある方にはカメラ検査はしていません。授乳中は工夫すれば可能で、生理中は問題ありません。

妊娠中の胃カメラ・大腸カメラは行っていません。母体とお子さんの両方に影響を与えないよう検査を行う必要があり、産科の医師との連携が必須のためです。市内の総合病院などとご相談されるのが望ましいと考えますが、必要な場合に検査可能な施設のご紹介などご相談を受け付けています。

授乳中は、検査を行うことは授乳を中断すれば可能です(検査後・薬剤投与後約24時間)。使用する薬剤や鎮静剤・鎮痛剤の有無により、授乳中断期間は異なります(乳汁中に薬剤が移行する時間があるためです)。
逆に授乳を中断しないでも受けられる胃カメラは『口から、局所麻酔なしでの胃カメラ』です。この場合は細径内視鏡を用いて極力苦痛に配慮して行います。受診時にご相談下さい。

生理中は、検査は可能です。

検査中や前後の対応や検査着などの不安についても当院スタッフもいつでもご相談を受けています。ご不安な点やご相談はいつでもご連絡下さい。

Q. 透析中ですが内視鏡は受けられますか?

A. 胃カメラはできますが、大腸カメラはできません。

胃カメラはできます。透析中の病院の紹介状をいただいて一度、ご来院ください。普段の内服薬や治療の状況を把握する必要があります。
また、大腸カメラはしていません。適切な病院をご紹介することは可能ですので、ご相談ください。

Q. 健診で引っかかったんですが見てもらえますか?

A. 内科 や 消化器内科 を受診するよう書かれている事項は対応できます。

  ”どういう症状を診察できますか” もご参照ください。

胸のレントゲン検査や、採血などの要精査の項目で ” 内科 “ の受診が必要と書かれたものは対応できます。この他に胃バリウム検査で異常を指摘された、ピロリ菌がいると言われた、便に血が混じった、脂肪肝と言われた、など”消化器科” はもちろん対応可能です。受診の際は必ず健診の結果通知書を持参し、事前に受付でご提示ください

Q. 人間ドックの検査はしていますか?

A. 消化管に特化した ” 消化管ドック” 胃カメラ・大腸カメラはしています。 
“ドックのご案内”をご参照ください。

健診のように、胃カメラや大腸カメラを希望される患者さんが多いことから、内視鏡検査に特化した、ドックをご用意しています。最近身の周りで ”胃がん”と診断された人が居る、”がん家系だから心配”、”一度も受けたことないから一度検査を受けたい” と言った、健康保険ではカメラ検査を受けられない方々には、ドックのカメラ検査でご対応をしております。

なお、ドックでのカメラ検査でも ”つらくない” カメラを追求しており、様々な工夫を凝らしています。

Q. ピロリ菌って最近よく聴きますが、なんですか?

A. 胃にいる細菌で、がんや胃炎との関連が指摘されています。

 ピロリ菌の感染は慢性胃炎を起こし、胃がんのリスクになっており、胃がんの原因になります。内視鏡検査を行ったときに、胃炎があり、ピロリ菌の感染を疑う場合に、ピロリ菌検査を行うのが保険診療でのピロリ菌の診断の流れです。またピロリ菌は親子(特に母子)間での感染が認められることがありますので、感染の有無だけでなく、内視鏡検査による胃炎の有無・程度の評価と胃がんの存在の有無を確認することが重要です。

Q. ピロリ菌が心配です。検査だけ(採血)受けることはできますか?

A. 検査だけ、は検診・ドックになります。

 現在ピロリ菌検査は

 1.20歳の方 (特定健診なしで受けられる)
 2.国民健康保険加入者で  35歳、40歳、45歳、50歳、60歳、65歳、70歳の方(特定健診に追加で受ける)

 の対象者に旭川市で行っています。5歳ごとのチャンスで、自己負担が500円で” ピロリ菌検査 “を受けられる様になりました。(平成30年10月から)→ 旭川市HP参照。例えば62歳の方が、ピロリ菌検査のみを受ける方法は、自費診療(人間ドック)になります。
 当院は自費でのピロリ菌検査にも対応しております。お気軽にお問い合わせください。

病気のページ ”ヘリコバクター・ピロリ胃炎” もご参照ください。

Q. ピロリ菌がいるときはどのように治療するのですか?

A. 胃カメラで胃がんがないことを確認ののち、治療に進みます。
検診や人間ドックでピロリ菌の感染があることがわかっている場合に、そのまま除菌治療することは現在ありません。まず胃のカメラ検査を行います。胃炎の有無と、潰瘍や胃がん、リンパ腫などの病気が胃に存在していないことを確認した後にピロリ菌の除菌治療を開始することが、極めて重要です。除菌治療前に胃がんがあるにも関わらず除菌治療だけを加えると、癌が進行するまで気づかないことが起こりえます。

また、除菌薬は3種類の薬剤の組み合わせになり、投与前には腎臓の機能に問題がないか、心機能、不整脈がないかを確認した上で胃カメラ検査後に、除菌の内服薬は1週間服用していただき、治療を行っていきます。当院はピロリ感染症認定医が除菌治療を行っています。また除菌治療後には、『胃がんにならなくなった!』と勘違いされる方もおられますが、これは大変危険です。除菌治療後にも低い確率ではありますが、胃がんの出現は起こりえるためです。早期胃がんの内に発見し、治療を受けることがなにより重要ですので、胃の健康状態のチェックのため、除菌治療を受けた後も定期的な胃カメラ検査や健診を継続して受けることが大切です。

この他、ヘリコバクター・ピロリ胃炎に関するQ&Aはこちら

Q. 受診当日でできる検査は何がありますか?

A. 採血、尿検査、レントゲン検査、エコー、内視鏡があります。関連病院と連携し、CT検査もできます。

症状に合わせて適応は判断しますが、採血検査や尿検査、レントゲン検査、インフルエンザ検査を行えます。他に胃カメラ、大腸カメラ検査はもちろんのこと、超音波検査(エコー)を備えておりますので、腹部の症状(消化管/胆のう/膵臓/肝臓など)、骨盤部(前立腺/卵巣/腹水など)のチェックが可能です。
エコーでも観察が難しい場合は、関連病院(旭川ペインクリニック病院)のCT機器をお借りし、予約で検査することが可能です。CTの結果は院内で画像を見ながら受けられます。

Q. 結果の説明はどのようにしていますか?

A. 結果はすべて、医師と同じ画面を見ながら聞くことができます。内視鏡検査は結果説明用紙を全員にお渡ししています。
検査結果は院内機器と電子カルテがすべてファイリングシステムで連結していますので、即時結果がわかり次第お伝えします。
当院は特に『わかりやすい説明』を心がけておりますので、内視鏡画像、X線やCTの画像、エコーの画像などはすべて閲覧しながら結果を聞けるようになっております。
特に内視鏡検査は検査後、写真を含めた説明用紙を皆さんにお渡ししており、好評です。

現在、病状説明もわかりやすさを心掛け、ipadを用いてわかりやすい説明を開始しています(2019 4月より。

 

交通のご案内

バスでご来院の場合
道北バス 81番 層雲峡線
630番 高砂台・永山2条線
667番 旭台・永山2条線 にご乗車いただき【 永山2条4丁目 】 停留所 で降車してください。
乗用車、タクシー でご来院の場合
国道39号線(大雪国道)を当麻町へ向かって走り、右手にございます。北洋銀行 永山中央支店の隣です。
 【 駐 車 場 】
病院の裏に約30台の駐車が可能な駐車場があります。
病院地図

 

 

病院内設備

  • 安定剤による痛みの少ない内視鏡(麻酔下内視鏡、鎮静・鎮痛剤を用います。
  • 胃内視鏡(鼻・口)(FUJIFILM社製)
  • 大腸内視鏡(FUJIFILM社製)
  • 高周波焼灼電気メス装置(オリンパス社製)
  • 高レベル内視鏡洗滌消毒装置(FUJIFILM社製)
  • 高圧蒸気滅菌装置(湯山製作所社製)
  • レントゲン撮影装置、CR画像装置(永山ペインクリニックと共用です。)
  • デジタル超音波診断装置(コニカミノルタ社製)
  • 電子カルテシステム(ユヤマ社製、BrainBox)
  • 画像ファイリング装置(EV Insite PSP社製:健光会 旭川ペインクリニックとネットワークで接続されています。)
  • 全自動血球計数装置:採血結果がその場で迅速に出ます。
  • 院内採血機器(富士ドライケムNX500:FUJIFILM社製):採血結果がその場で迅速に出ます。
  • AG1

    >デンシトメトリー分析装置(富士ドライケム IMMUNO AG1):インフルエンザウイルス測定も迅速です

  • 解析付心電図検査装置
  • 肺機能スパイロ測定装置
  • AED装置
  • SPO2血液酸素飽和濃度測定器
を備えております。なおCT検査は『健光会 旭川ペインクリニック病院』と提携しておりますので、同院での画像検査が可能です。結果はリアルタイムで医院で確認できますので、迅速な対応が可能です。
待合室、カウンターがあります。
待合室
処置室
内視鏡室
to top
インターネットで
診療予約