ご案内と、よくある質問

鎮静剤・鎮痛剤を用い, 苦痛の少ない 胃カメラ・大腸カメラ 検査を提供します。レントゲン検査や、採血、腹部エコーなどで, 消化器内科・胃腸内科領域の迅速な診断・治療を心がけております。あわせて生活習慣病などの内科診療にも力を入れ、病気の予防・早期発見を重視しています

〒079-8413 北海道旭川市永山3条4丁目3-1 六然館2階
永山消化器・内視鏡内科
 TEL :0166-47-7140
 FAX :0166-47-7145
Googleマップ で病院の地図を見る

受付時間

休診は 日曜・祝日、お盆、年末年始 ですが、臨時の休診、診察時間変更がございますので、 『お知らせ』 からご確認ください。

よくあるお問い合わせ

下記以外のその他のお問い合わせは、受付時間内(できれば16:30-17:30がお返事・対応がスムースです)にお願いいたします

Q1. 診察は予約制ですか?

A1.

で診察しています。ただし予約患者さんを優先して診察しますので、診察順番と受付の順番は前後いたします。直接来院される場合は時間に余裕を持ってお越し下さい。待合にはウォーターサーバーがございますのでゆっくりとお待ちください。

※ なお持病、内服薬がきちんと確認できた場合に限って、電話での胃カメラ予約を受け付けています。16:30-17:30の間でTEL:0166-47-7140まで『胃カメラの予約希望』とご連絡ください。なお診療などで混雑している場合は、折り返しのお電話での対応とさせて頂きます。ご了承ください。

Q2. 胃カメラは予約制ですか? 予約しないと受けられませんか?

A2.
胃カメラは予約を優先します。通常の診察の後に、当日の胃カメラを希望された場合は、予約の合間でお待ち頂くか、後ほどご足労頂く場合があります。お時間に余裕がない方は, 胃カメラの予約をお勧めします。
どうしても受診当日の検査を受けたい方は、前日までにお電話頂き、翌日以降の電話での胃カメラ予約をお取りいただくことをお勧めします。16:00-17:30の間でTEL:0166-47-7140まで『胃カメラの予約希望』とご連絡ください。

なお、症状がある方の胃カメラは保険診療で可能ですが、『自覚症状はないけど(健診として)胃カメラ検査を受けたい』という方には、胃カメラのドック(自費診療となります)も行っております。お気軽にご相談ください。

Q3. 大腸カメラはその日にできますか? 準備はどうしていますか?

A3.
受診当日に全大腸内視鏡はできません。原則予約が必須です。大腸カメラは大腸全体を隅々まで見て小さな病変も見逃さないように、たまっている便をすべて流す ” 前処置 ” が必要です。そのため、来院当日の大腸カメラは、血便などの緊急検査に限り、腸の一部を診てくるだけに限ります。

  1. 診察 :最短でも1時間程度かかります。診察では、安全のために腹部X線で、腸管の流れが悪く、便が詰まっていないか(腸閉塞がないか)を確認します。他に場合により採血検査や胸部X線、心電図が必要になります。
  2. 検査の前の便を流す準備、検査食の食べ方 :腸の中にある便を出す薬(前処置薬)や、検査前の検査食、検査セットを購入いただき、前日から準備をしてきていただきますが、その説明を看護師から行います。
  3. 検査日の決定 (後日お電話頂くことも可能です)

なお、当院は『自覚症状はないけど(健診として)大腸カメラ検査を受けたい』という方に、大腸カメラのドック(自費診療となります)も行っております。お気軽にご相談ください。

Q4. 鎮静剤・鎮痛剤を用いた内視鏡(麻酔下のカメラ)とは何ですか?

A4.
点滴の柔らかい針を血管に入れ、そこから注射で投与する薬です。これを使うことで、使わないより検査の苦痛・不快感は軽くなることを目的としていますので、前回の検査がつらかった患者さんは希望されることをお勧めします。他にも緊張や不安が強い場合、お腹の手術歴がある方など、苦痛を伴うことが予想される場合にはお勧めします。

【注意点】

麻酔は全員が制限なく使用できるわけではありません。当院ではいくつか守っていただくことがございます。

  1. 最低でも検査後に送迎してくれる方を確保できる
  2. 1時間程度、検査後に安静が必要なので、時間の余裕を持てる
  3. 検査後は1日注意力や判断力が低下してしまうため、送迎をしてくれる方が確保でき、帰宅後も出歩いたり、注意力を要する作業、高いところに登るなどの危険を伴う仕事は、翌朝までしないでいられる。当日の車・バイク・自転車などの運転は一切できない。

と言った事項が守れる時のみ可能です。
その上で、身体の状態が良好であることが安全のために必須ですので、持病や、内服薬によって使用できないことがあります。鎮静剤・鎮痛剤を用いた内視鏡検査を希望される方は、事前診察で可能かどうか判断させて頂きます。

Q5. 健診で引っかかったんですが見てもらえますか?

A5.
“どういう症状を診察できますか”もご参照ください。胸のレントゲン検査や、採血などの要精査の項目で ” 内科 “ の受診が必要な項目についてはご相談下さい。この他にも胃バリウム検査で異常を指摘された、ピロリ菌がいると言われた、便に血が混じった、脂肪肝と言われた、などは対応可能です。
受診の際は必ず健診の結果通知書を持参し、受付でご提示ください

Q6. 人間ドックはしていますか?

A6.
“ドックのご案内”をご参照ください。

当院では健診として、胃カメラや大腸カメラを希望される患者さんが多く、内視鏡検査に特化した、ドックメニューをご用意しております。最近身の周りで ”胃がん”と診断された人が居る、”がん家系だから心配”、”一度も受けたことないから一度検査を受けたい” と言った、健康保険ではカメラ検査を受けられない方々には、ドックのカメラ検査でご対応をしております。

なお、ドックでのカメラ検査でも ”つらくない” カメラを追求しており、様々な工夫を凝らしています。

診療の方針

・内視鏡、消化器内科、一般内科(生活習慣病)の診療を通して、皆様の健康をサポートいたします。

高度に専門化・細分化された現代医療で、すべての分野の内科の対応はできないかもしれませんが、それぞれの患者さんのご希望、ライフスタイルに合わせた対応を心がけたいと思っています。市内の総合病院や、永山地区の他の医療機関と密な連携をとり、自院だけで補い切れないことも、適切な医療機関へご案内、ご紹介することを心がけます。

・内視鏡検査のイメージの向上のため、楽な検査を目指します。

鎮静薬・鎮痛薬を用いて内視鏡検査の苦痛の緩和に取り組んでおります。経鼻内視鏡(鼻からの胃カメラ)にも対応します。また、病院内で大腸カメラの準備が可能です。ゆったりと大腸検査の準備ができます。さらにお身体の負担を考えて、大腸ポリープを発見した際は、同時の切除にも積極的に取り組んでいます(ただしサイズ、形態、診断で制限はあります)。また胃・大腸とも拡大機能付き内視鏡での検査に対応し, 迅速な診断を心がけています。

・病院受診の手間をなるべく軽くしたいと思います。

web上からの診察の予約を承っています。また土曜日の内視鏡検査(胃カメラ)に対応しています。他、ドックの内視鏡検査をしています

交通のご案内

バスでご来院の場合
道北バス 81番 層雲峡線
630番 高砂台・永山2条線
667番 旭台・永山2条線 にご乗車いただき【 永山2条4丁目 】 停留所 で降車してください。
乗用車、タクシー でご来院の場合
国道39号線(大雪国道)を当麻町へ向かって走り、右手にございます。北洋銀行 永山中央支店の隣です。
 【 駐 車 場 】
病院の裏に約30台の駐車が可能な駐車場があります。
病院地図

 

 

病院内設備

診察室
待合室、カウンターがあります。
待合室
処置室
内視鏡室

医療機器のご紹介

  • 安定剤による痛みの少ない内視鏡(麻酔下内視鏡、鎮静・鎮痛剤を用います。
  • 胃内視鏡(鼻・口)(FUJIFILM社製)
  • 大腸内視鏡(FUJIFILM社製)
  • 高周波焼灼電気メス装置(オリンパス社製)
  • 高レベル内視鏡洗滌消毒装置(FUJIFILM社製)
  • 高圧蒸気滅菌装置(湯山製作所社製)
  • レントゲン撮影装置、CR画像装置(永山ペインクリニックと共用です。)
  • デジタル超音波診断装置(コニカミノルタ社製)
  • 電子カルテシステム(ユヤマ社製、BrainBox)
  • 画像ファイリング装置(EV Insite PSP社製:健光会 旭川ペインクリニックとネットワークで接続されています。)
  • 全自動血球計数装置:採血結果がその場で迅速に出ます。
  • 院内採血機器(富士ドライケムNX500:FUJIFILM社製):採血結果がその場で迅速に出ます。
  • AG1

    >デンシトメトリー分析装置(富士ドライケム IMMUNO AG1):インフルエンザウイルス測定も迅速です

  • 解析付心電図検査装置
  • 肺機能スパイロ測定装置
  • AED装置
  • SPO2血液酸素飽和濃度測定器
を備えております。なおCT検査は『健光会 旭川ペインクリニック病院』と提携しておりますので、同院での画像検査が可能です。結果はリアルタイムで医院で確認できますので、迅速な対応が可能です。
to top
インターネットで
診療予約